2014年10月31日

iPhone6 Plus Wi-Fi不具合が解消した!

iPhone6 Plus Wi-Fi不具合が解消した!

iPhone6 Plus購入時からWi-Fiの接続状態が不安定で

iPhone6 Plus Wi-Fi 切れる 不具合 解消 対策 といろいろ検索し
試してきたが改善されず狼悩んでいたが

今回の設定でWi-Fi不具合が解消したので備忘録として記載。

●症状
家のWi-Fi環境で
サファリでの読込が遅い(6 Plus、6、5で確認)
サファリでの閲覧中にWi-Fiが切れ4G接続になっている(6 Plus、6で確認)
YOU TUBEの読込が遅い(6 Plus、6、5で確認)
シーク?に反応しない(6 Plus、6で確認)
YOU TUBE視聴中にWi-Fiがよく切れ4G接続になっている(6 Plus、6で確認)
Wi-Fiに再接続出来なくなる(6 Plusで確認)

勿論その他バグはかなりあるがiOSと機種で切り分けすると

iPhone6 Plus(iOS8.02) ⇒遅い、切れる、接続出来なくなる
iPhone6(iOS8.02)   ⇒遅い、切れる
iPhone5(iOS8.02)  ⇒遅くなった
iPhone4S(iOS7.〜)  ⇒iOS7.〜のため問題無し
NEXUS7(最新)     ⇒問題無し
MacBookAir(最新)  ⇒問題無し
Win7ノート(最新)  ⇒問題無し
Win8ノート(最新)  ⇒問題無し

となる。

※当方のWi-Fi環境
無線ルーター BUFFALO WZR-HP-G450H
無線の認証方式 AOSS WPA/WPA2 mixedmode - PSK
iPhone6 Plus(iOS8.02)
iPhone6(iOS8.02)
iPhone5(iOS8.02)
iPhone4S(iOS7.〜)
NEXUS7(最新)
MacBookAir(最新) 
Win7ノート(最新)
Win8ノート(最新)

●予想される要因
iPhone5がiOS7.〜の時は正常であったし
iOS8.02にアップしてWi-Fi接続が不安定になった事が
6 Plus、6、5の全機種で確認出来る事からiOS8.02がヘボい?ۤ

●これまでに試みた事
Wi-FiのON、OFF
機内モードのON、OFF
iPhoneネットワーク環境をリセット
iPhoneネットワーク環境を削除&再設定
iPhone静的IPアドレスの固定
iPhoneでの初期出荷状態&再設定
PCに接続しiTunesからのiPhone初期化

以上を何度か試したが改善されなかった狼

●今回の改善方法(BUFFALO無線ルーターの場合)
無線ルーターの認証方式を WPA/WPA2 mixedmode - PSK ⇒ WPA2に変更
無線の暗号化を AES(AOSS AES)に変更
ޥこれでスッカスカの快適!㤭Ф
※ただ
WEP ⇒ WPA2
WPA2 ⇒ WPA/WPA2 mixedmode - PSK
に変更した場合に改善された例もあるので数パターン試す価値あり。

●結論
iPhone6 Plusはac接続に対応したが、ac接続対応でない11g/n/b対応無線ルータの
無線の認証方式に対してiOS8.02に何らかのバグがあり不安定になる可能性がある?

またiPhone6にはかろうじて対応しているが
6Plusに対してはNGとなる何らかの要因がハード側にもある?

BUFFALOの無線ルーターに問題がある?

次期iOSアップデートでの改善を望みます


タグ:iphone6 Wi-Fi
posted by bibouloku at 12:18| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408338993

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。